平成28年度京都府戦歿英霊追悼慰霊祭


去る11月28日、ホテル京都ガーデンパレスにおいて、平成28年度京都府戦歿英霊追悼慰霊祭および時局講演会が、京都府神社庁関係者や京都府議および京都市会両神道議員連盟の議員の皆様、京都府遺族会などより、多数のご来賓・参会者約150名の出席を得て開催されました。

慰霊祭では、本年就任した室川喜幸副本部長が斎主を務め、厳粛裡に祭儀が斎行されました。また、巫女による「浦安の舞」も、英霊たちのみたまなごめにと心を込めて奉奏されました。 

 

 

また、祭典終了後に式典が行われ、梶本部長の挨拶やご来賓の挨拶が行われました。

式典の後には、時局講演会が開催され、宗教ジャーナリストの斎藤吉久先生による『御代替わり行事を国の行事に—悪しき先例を克服しよう』と題する講演が行われました。

斎藤先生は、天皇の譲位の問題や宮中祭祀の変遷に関する問題を提起され、来たるべき次の御代替わりに向けて、課題を理解し整理・解決していかなくてはならないと訴えられました。

 

←一覧に戻る

Posted on 2016-12-12 | Category : 最近の活動 | | Comments Closed