終戦70年 靖國神社参拝及び京都府関係祭神追悼慰霊祭斎行


靖國神社大前

平成27年4月16日、神道政治連盟京都府本部では、本戦終戦70年にあたり府内神社関係者91名が参加して靖國神社参拝団を結成し、先の戦争を始め戊辰戦争以来皇軍として我が国の国体を命をかけて護り、護国の神として祀られるすべての御英霊に頭を垂れるとともに、中でも京都府出身の御英霊7万3千余柱の御英霊の御霊をお慰めすべく、御本殿において「京都府関係祭神追悼慰霊祭」を斎行させていただきました。

一行は、四月十六日早朝新幹線にて上京、靖國神社に到着後参集殿にて靖國神社徳川康久宮司よりご挨拶をいただきました。

参集殿で挨拶される徳川宮司

参集殿で挨拶される徳川宮司

 

その後、田中庁長を先頭に、荒巻総代会会長、林本部長、日本会議・京都田中会長らが続き、拝殿に整列、国歌斉唱の後修祓を受け御本殿に昇殿、靖國神社神職の方々によって厳粛な慰霊祭を斎行していただきました。

拝殿にて修祓を受ける

拝殿にて修祓を受ける

追悼慰霊祭を終え退下する田中庁長と林本部長

追悼慰霊祭を終え退下する田中庁長と林本部長

 

翌日は、東日本大震災によって大きな被害を受けた福島県いわき市久ノ浜に鎮座する諏訪神社を訪問参拝しました。

いわき市久ノ浜諏訪神社参拝

いわき市久ノ浜諏訪神社参拝

 

復興を願い北野天満宮から贈られた梅の木「御霊鎮めの紅梅」を献木、植樹させて頂きました。

DSCN8201

DSCN8207

北野天満宮『御霊鎮めの紅梅』の献木

 

神社の目前には、未だ復興半ばの荒れ地が空しく広がっており、参加者はその現状を視察するとともに、犠牲者の御霊に慰霊の祈りを捧げました。

津波に遭った被災地に向かい黙祷を捧げる参加者

津波に遭った被災地に向かい黙祷を捧げる参加者

←一覧に戻る

Posted on 2015-04-13 | Category : 最近の活動 | | Comments Closed